寿司は日本の文化

寿司は日本の文化お寿司は、日本人にとって好きな料理(食べ物)のひとつです。また、近年では生魚が苦手とされる海外、アメリカをはじめとして寿司ブームとなっていています。その理由は、寿司は、見た目が美しく、その上手軽で、おいしいため人気となっているようです。


お寿司には、握りずしをはじめとしてバラずし、押しずし、巻き寿司などがあります。

関東は握りすし、関西は押しすしなどと区分されることもありますが、小さい頃お母さんやおばあちゃんに作ってもらった家庭で食べる、巻き寿司やバラずしは格別の味で良い思いでとなっている方が多いのではないでしょうか。


千葉県房総に伝わる「太巻き祭り寿司」は、その巻き寿司を器用に、時には複雑な細工によって作られる芸術的なお寿司といえます。


料理は、食べる側が楽しむものと思うときがありますが、太巻き祭り寿司は、食べる人はもちろんのこと、目で楽しめ、作り手も大いに楽しめることが魅力の一つでもあります。

私は部分的に子どもに手伝ってもらったり、友人と分業したりして、祭り寿司を作る際には楽しんでいます。

フィード