太巻き祭り寿司のいわれ

寿司は日本の文化
ここでは、太巻き祭り寿司のいわれや起こり、ルーツについて紐解いてみたいと思います。(画像:めはり寿司)


太巻き祭り寿司のルーツ

太巻き祭り寿司は、握り寿司とちらし寿司がコラボレーション(融合)したおすしであるという説と関西で有名な押しずしの変化したものという2つの説があるそうです。

また、太巻き祭り寿司のルーツについては、聞いたところによると、その昔冠婚葬祭の時に出される握り飯の中に野菜の煮たものを芯にして巻いたものである、また漁師が手弁当にしていた高菜や大葉で巻いた「めはり寿司」の発展形であるなどの説があり、わからない点が多くあります。

一般に太巻き祭り寿司はほとんどの場合女性の方が作られますが、その昔には地域の長である年長者の男性が、行事の度出向き、太巻き祭り寿司を巻いていたという話も聞くことができました。しかし、そのような太巻き祭り寿司の名人である男性の方も次第にいなくなり、現在では婦人会などの女性の方が中心になって伝統を守っておられるそうです。

千葉は、海と山に囲まれている土地柄、海草を含む魚介類も多く採れ、また米どころでもあります。それら、海苔や米の産地でもあることから、海苔と米をふんだんに使った太巻き祭り寿司が生まれたのは、周囲にある恵みを大切にした自然なことなのかも知れません。


フィード