用意する酢飯について

太巻き祭り寿司の酢飯太巻き祭り寿司を作る場合、およそ必要となるすし飯の量を知らずにお米を炊くことはできません。


太巻き祭り寿司を巻くことに慣れている熟練者の方は、用意した寿司飯の分量で「あと何本海苔巻きなら巻ける、卵まきは無理」などと判断できるのですが、不慣れな初心者などは、一掴みの分量もまちまちになり、計算通りに酢飯を使い切ることができません。


そのことを念頭に置きながら、これから巻く祭り寿司の必要量をおよそ把握して、祭り寿司を巻いていくことが重要です。


用意する分量の目安(すし飯):
太巻き祭り寿司は、卵巻きでおよそ550g~600g、海苔巻きでおよそ350g~400gのすし飯が必要となります。私の場合、1升のご飯を炊いて少し酢飯を控えめに用いて、卵巻き2本、海苔巻き2本を巻くようにし、1升の酢飯で4種類の太巻き祭り寿司を巻くようにしています。

私の場合:
1升(1.5kg)・・・・・卵巻き2本(1本およそ550g)、海苔巻き1本(1本およそ400g)、合計3種類の太巻き祭り寿司を巻く。


太巻き祭り寿司1本のすし飯重量の目安
卵巻き 海苔巻き
必要な酢飯の目安 550g~600g 350g~400g


但し、具材を少なく用い、酢飯の量が多く必要とする「キャラクター」などの太巻き祭り寿司の場合はこの通りには行きませんので、必要な酢飯の分量を見積もる必要があります。


フィード