海苔:カテゴリー

太巻き祭り寿司に用いる海苔(のり)について

スポンサードリンク
船橋三番瀬の海苔太巻き祭り寿司は、細工すしであることから外側に用いる他に、多くの海苔(のり)を用います。

お寿司の味の決め手ともなる、海苔ですからもちろん高価なものに越したことはありません。

しかし、太巻き祭り寿司では、たくさん用いることもあり、外側(外巻き用)、内側(内巻き用)に用いるのりをそれぞれの用途、目的に応じたものを購入し、予算に応じて買い揃えるようにしてください。

太巻き祭り寿司は、一般の手巻き寿司などと違い、巻いてすぐに食べることは少ないお寿司です。ですので作り置きしておく時間を考え、外巻きに用いる海苔は、のりが縮んでも支障のない厚みのあるものを選ぶようにします。

太巻き祭り寿司のふるさと「千葉」は、海苔の産地でも知られています。千葉県産の海苔は高級品として有名で東京寿司にも多く用いられています。

・外巻き用の海苔
外巻き用の海苔は、上質の焼きのりが適しています。硬く、厚みがあり、破れにくい有明産(佐賀県産など)の海苔が良いとされています。
・内巻き用の海苔
外巻き用の海苔より、ランク下のものでも良い。柔らかく、口溶けがよく噛み切れる薄めののりが良いとされ、瀬戸内産や東京産、千葉産の海苔が適しています。


→話題のギャバは白米の約10倍!食物繊維は白米の約4倍!<通販限定>


Page: 1
フィード